東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 甲戌(コウジュツ・きのえいぬ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

誰にでも好かれる良いものを持っています。特に突発的な緊急事態も興奮せずに判断を下せるので、周囲は心強く感じることでしょう。このように、おとなしいものの引っ込み思案ではないので、印象は薄くありません。特筆すべきはピュアな心。素直で飾り気がなく、歯の浮くようなお世辞や悪口は言えません。さっぱりした気性は切り替えの早さにも見られます。嫌なことがあってもあまり時間をかけずに立ち直ることができます。友人や家族との仲がこじれても、いつまでもしこりを残さず、もとの関係に戻してしまいます。積極的で活動的、そして楽天的。特に楽天的というのは、何よりの武器。外に向かって伸びる沢山の芽を芽吹かせます。

潜在的運勢

争いを好まない。
質素、物質・金銭運が良い。

愛情運

頼られると弱く、自分からは頼れないという性分。どちらかとうと発展的ではありませんが、優しさから相手を理解しようと努力します。結婚後は、すべてを仕切りたがります。男性は亭主関白、女性はかかあ天下の典型。他者との縁が深く、養子になったり、養子を迎えたり、人材育成に尽力するなど、とかく他者との縁があります。

仕事運

事業運があります。ただ、金銭の淡泊さは厄介。要注意です。成功の鍵は執着心。「石にかじりついても」という努力が、希望をなんとか手の届くところまで近づけます。やや警戒心が強く、自分の知らない流れには不安が先に立ち、変革が激しいとその波に上手に乗れないことも。内にこもらず、のびのびと大らかな気持ちでいるように心がけることです。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP