東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙酉(イツユウ・きのととり)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

小さな事にこだわらず大胆。そのわりに周囲には細かい気配りをします。リーダー的な素質を持っているようです。ただ、他者と協調して行動するよりは、一人でやるのを好みます。それは、決められたことに従順に対処していくよりも、気になる部分が出てきた時、自分なりに解決策を模索し、実行したいからです。一つのところにとどまらず、常に実践的です。しかし、時として、よく考えないで突き進み、失敗することもあります。過信は大ケガのもと。そもそも近道を探したり、楽をする素地はないのですから、地道に努力を重ね、安定と向上を目指すことです。衰えて消滅寸前から新しさに向けて再生していく状態を意味する干支ですから、明るくぱっと突出してくるようなタイプではありません。だからこそ、自分の殻を抜け出し、陽気に積極的に他者と交わると、新しい道が開けます。

潜在的運勢

軽はずみで失敗しやすい。
熱しやすく冷めやすい。

愛情運

庶民的で誰からも好かれます。細かいことにこだわらず、生き方について大筋であえばOK。一見すると体験実践派のように見えますが、実は理想主義者。望みはかなり高いところに設定されています。男女ともに、結婚をそれほど重要に思っていないことも多く、家庭中心よりも仕事が中心。バリバリ働いて家を留守にすることも多いようです。

仕事運

的確に核心を捉え、その後の展開にまで発展させていきます。ただ、何か事が起こると自分を制御できないことも。暴力的な言葉や乱暴な振る舞いで他者を傷つけることがないようにご注意を。人との調和に重点を置くことと、一つのことをやり遂げると意識して行動することが成功へのポイント。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

午未

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP