東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 庚戌(コウジュツ・かのえいぬ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

派手さは好まず、落ち着きがあります。周囲に対し、一応受け身の態度で接し、積極的に自分を主張していくことはありません。しかし、世智に長け、根性があります。少々のダメージは、素早く立ち直り、競い合いになったときには、その力を十分に発揮します。時として、力関係で事を決めていく節がないわけではありませんが、社会的に日の当たらない分野も注目し、手をさしのべる姿勢は、この星の基本です。好感を持たれる生まれつきの天分があるので、後に続く人のためにも、必要なことにエネルギーを集中させ、想像し、忍耐強く思案を重ねることです。想像は、美しきもの、正義、幸福を創り出し、感性のある人間を芸術家にし、勇気のある人間を英雄にします。妄想は、心の迷い。不埒なことに心を奪われ、感情鈍磨に陥ります。

潜在的運勢

温和で、自制心に富む。
猜疑心が強く、苦労性。

愛情運

人付き合いは得意ではありませんが、メリットがあれば付き合う貪欲さがあります。相手を理解するよりも、自分を知ってもらうことに努力します。女性は、仕事に魅力を感じていますが、結婚し家庭におさまるとしとやかな主婦型。家族によく尽くし、教育熱心です。男性は、家庭に縛られることを嫌いますから、最後の踏ん切りがつかないこともありますが、もともと才能に恵まれた働き者です。

仕事運

プロフェッショナルに徹することです。自由な心で自分の特色を押し出し、その分野に関しては誰にも負けないくらいの努力を続けましょう。一見するとマイナス要素の「孤独」も道を究めるためにはなくてはならない要素となりなります。なにしろ特殊で強烈なものを生まれながらに持っているので、付和雷同では道は開けません。スキャンダルは御法度。事実を偽り、自分を誤魔化し、不実に過ごしていると、我が身に返ってきます。自らを絶望の淵に追いやることのないように注意して大いに羽ばたきましょう。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP