東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丙寅(ヘイイン・ひのえとら)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

愛嬌のある優等生。悩みを持って落ち込んでいる人も傍にいると、ひととき苦労から解放されてしまうほど。体力もあります。体力がなければ「ここ一番」で頑張り抜けないのですから、人生の勝負を決める要素があるといえます。そして最もうらやましいのは、何事も一度やり始めたら最後までやり通す意志の強さと情感の豊かさ。感性を十分に活躍させることで、人生を多彩に彩ることでしょう。注意したいのは、意地。目的を達するのに大事なのは意地ではなく意志。信念です。信念を育み、信念に従って考え、行動し続ければ、ひるむ心に力を吹き込んでくれに違いありません。心身の健康と良識を保って大いに才能は発揮しましょう。意地は汚くもなりますからご注意を。

潜在的運勢

賢くて、朗らかで、動作が素早い。
何事にも積極的です。

愛情運

人数の多少に関係なく、いつも注目を浴びたいと思うところがあります。そして視線にさらされているとよりパワー・アップしていくのが特徴です。広く浅くだれとでも交際します。ドライな付き合いのほうが良い関係が保てるようです。夫婦縁は悪くはありません。結婚後は家庭をしっかり守ります。しかし、家庭だけにこだわらず、趣味と実益を兼ねて動き回ると成果が得られます。

仕事運

常に目標を持ち、自分の持ち場を徹底的に勉強して、プロになること。これは日々仕事に励むためのポイント。トップよりもナンバー2に徹すると運が開けます。集中して努力していくと、大輪の花を咲かせる可能性が高く、非常に楽しみなものを持っています。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP