東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丙午(ヘイゴ・ひのえうま)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

誰とでもすぐ顔なじみ。細かいことを気にせず悠然と構えているタイプ。しかし、ただ大らかなだけではありません。相手を冷静に観察しています。人を見るときには、きちんと見ているのです。また、何をするにしても勢いがあり、仕方なく嫌々事に当たることはまずしません。自尊心も強く、独力で成功をつかむことを夢見ていますから、他者の援助を受けるのならリタイアする方を選びたいと思うほどです。それだけに人から指図されるのを極端に嫌がります。そもそも理論家で他者の弱点は突くのですが、自分に甘く、万事にけじめが乏しいのがやや欠点。人の短所に気をとられれば、いつになってもしもべのまま。自己反省に労力を使えば実力が磨かれます。実力を磨きつつ、持ち前の強気で勝利をたぐり寄せましょう。

潜在的運勢

物事を恐れない。同情心に富む。
永続性に欠ける面がある。

愛情運

恋愛についてはなかなかしぶといようです。関心のない風を装ってはいても、内心ではいろいろと計算しています。独占欲は強いものの、女性は依存していくだけの生活には満足せず、自分の存在をアピールできる場を外に求めます。家庭内にいるよりも外で活躍することのほうが向いています。男性の独占欲は家庭全体に向けられるものの、家族べったりではなく仕事優先の傾向があります。

仕事運

情操心があり気配り上手。「これは」と思う事は自分のすべてを賭け努力します。学問や技術、特に理論に理論を重ねていく方面にのびる素質があります。人一倍タフな力を、この分野に注ぐとよいでしょう。自信を砕かれるとやたら神経質になるのですが、簡単にはその内心を見せません。そもそも人間の能力に大きな差はありません。あるとすれば物事を徹底的に掘り下げたかどうかということと心のバランス。思慮は深く、柔軟に。これが発展のポイント。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP