東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丙辰(ヘイシン・ひのえたつ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

繊細な神経の持ち主。少々浮世離れしている感じを与え、表面上は澄んだ湖面のようですが、実生活では案外迷いが多いようです。先々の心配まで抱え込んでしまう苦労性な一面もあります。このイメージそのままに、人への対応はソフトで気弱ではにかみ屋。しかし、判断力、分析力、時代を見通す目は確かです。自分を見つめ、反省すべき点はきっちりと点検する自制心が足元を固めます。本当に良い素質を持っています。何事かを成し、事業として存続することも可能です。どんな人でも実社会に出れば波乱はつきものですが、苦しい時も希望を持って最後まで。目標が完遂するよう肝を据えて頑張りましょう。「もう少し」の粘り強さは必ずよい結果をもたらします。

潜在的運勢

争いを好まない。
質素、物質・金銭運が良い。

愛情運

周囲のことも考えず、恋に恋してそのままゴールイン。ところが現実となると一緒にいることすら“気詰まり”ということがあるかもしれません。こと恋愛がからむと感情が先走り、決断力も鈍りがち。女性は家庭内の仕事があまり得意ではなく、結婚後も自由気ままな生活に惹かれます。開運する力がありますから、夢を追って外に向かっているほうがのびのびしそうです。

仕事運

情緒性、シャープなセンスはどのような分野にも発揮されていきます。特に芸術的な感性は、将来を決定するファクターとなり得るものです。名声を求め、全力を尽くすファイトも十分。ただ、人前で辱めを受けると心のバランスを崩しがち。メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さを持つことがポイント。単独仕事や裏方作業は苦手です。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP