東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丁丑(テイチュウ・ひのとうし)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

心底不自由することはありません。少々追いつめられても、どこへ行っても日が当たるように、どこへ行っても、どんなことをしても、食べていけます。だから、他者を気にして目くじらを立てたり、見てくれを飾る必要はないのです。自分のペースで、処理できる範囲を確実にこなしていくことです。焦りは敵。感情に走って、自分を見失ってはいけません。それに、地位や名誉や財産などは低次な欲求に過ぎず、躍起になると思わぬマイナス要因を背負うことになります。本当の意味での幸福は自分に与えられた天分の中にあります。自分を正しく見つめ、知ることです。そして、才能を十分に伸ばし、生かすことです。そうすれば充実感は連続していくこととなります。平静な心と受容力が幸運をもたらすはずです。

潜在的運勢

温和で、自制心に富む。
猜疑心が強く、苦労性。

愛情運

本来は内気で控え目。ただし、突然に湧き上がる感情に、のみ込まれてしまうことがあります。自分を貫き通し、周囲に反対されても・・・という場面もなくはない。女性は、良妻賢母型ですが、思いのままに家庭を仕切りたがり、男性は、決してエゴは強くないのですが家庭を顧みないことから、不満をもたれそう。感謝を忘れずに。男女ともに、中年以降に開運する暗示を持ちますから、運気の変動に惑わされないよう堅実さを心がけましょう。

仕事運

猜疑心が強く、なかなか自分の心を割ろうとしないところがあります。孤独であることに不安を抱き、人の顔色をうかがい不安から逃れようとしないことです。内心は決して弱くはないのですから、決断力を磨いてどんどん前へ。才能を生かす道を歩もうとするときは、必然的に孤独に邁進せざるをえません。着実に一歩一歩地を固め、トップに至る方法がベスト。最終的には成果を手にできるのです。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP