東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丁巳(テイシ・ひのとみ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

屈託がなく明るいものの、人柄は地味で庶民的。分け隔てをせず、どんな人でも受け入れてしまう度胸の良さがあります。一方では幅広く物事を取り入れ、自分の目指すところに邁進します。積極性はないものの、受けて立つときの粘りは並ではありません。時に強引な面が出たり、希望がいたずらに大きく、内容が伴わなかったりで失敗することもありますが、本来は人に好かれ、独立心も強く、リーダーとしての素質は十分です。ただ、本当の意味で人を引っ張っていくには、豊かな心と人間性、人格をそなえていてこその話。区別なく受け入れていると人の策略に陥る危険があります。対人的な洞察力を磨き、調和と融和を念頭に置くと成功の道が見つかります。

潜在的運勢

沈着でやや陰気だが、反面激しやすい。

愛情運

こと恋愛に関しては、精神的な面に重点を置き、時間を要することも多いようです。そして、冷静に第三者的な見方で進行具合をチェックしています。将来のことまで見通した上での交際なので、晩婚型が少なくありません。男女共に、結婚後も面倒見はよく、働き者ですが、仕事に忙殺されると家庭を顧みない傾向もあり、時々は好き嫌いの激しい性格が顔を見せたりもします。心の余裕を失った者に幸福なしをお忘れなく。

仕事運

思慮の浅さと頑なさは失敗を招く。簡単には内心を見せず、自信を砕かれるとやたら神経質になるのですが、そもそも人間の能力に大きな差はありません。あるとすれば物事を徹底的に掘り下げたかどうかということと心のバランス。思慮は深く、柔軟に。これが発展のポイント。独立独歩の意志が強く、跡取りであっても自分の道を歩む傾向があります。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP