東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 戊辰(ボシン・つちのえたつ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

上昇機運をはらみ、少々の苦労は蹴散らしてしまう力があります。困難にぶつかったときにも、明るく伸び伸びとしていれば、周囲に人を集め、やがてその人脈が役立ってくるのです。正義感と旺盛な独立心もセールスポイント。強い意志とプライドは、明るさの中で消され、嫌なイメージを与えることはありません。また、空想家の部分もあり、実現不可能な夢でも持ち続ける欲望もあります。元来、欲望の強いことは、いいことです。強いエネルギーで人を突き動かします。醜悪と浅はかへと駆り立て、ニュースを賑わすこともありますが、自分を真に生かす夢の選択を欠かさなければ必ずや成功に結びつくはずです。実力も負けじ魂もあるのですから、二度や三度はね返されても諦めず、もう一歩踏み込みましょう。努力と誠実さが才能を支え、夢を叶えます。

潜在的運勢

温和で、自制心に富む。
猜疑心が強く、苦労性。

愛情運

表面は冷静に見えるものの内面は実に情熱的。理性で平静を装うので大人の付き合いはできるのですが、自分が主導権を握れるかどうかを考えます。相手に引っ張られるのは我慢がならないようです。結婚後も束縛されることを嫌がり、常に相手とは対等な関係を持ち続け、仕事と家庭をバランスよく両立したいタイプです。

仕事運

一定のレベルに達するまでは、他のことを犠牲にしても取り組みます。才能はマルチではないものの、夢を叶えてしまう強靱さを内に秘めていますから、よこしまな心を起こして運を破ることのないように。メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さを持つことがポイント。単独仕事や裏方作業は苦手です。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP