東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 戊寅(ボイン・つちのえとら)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

古風な能率主義者。より上へと発展していく機運があります。明るく、上達も早い。すぐにコツを覚えてしまうと飽きっぽいものですが、それがありません。闇雲に我慢すればよいわけではないことを知っていて、忍耐を成功のための精神的ツールとし、希望を叶えていきます。「踏ん張り時」「我慢のしどころ」というツボを心得ているのです。ただ、外に伸びる気力を秘めているだけに、そのパワーが勝ち気さとなって表れることも時としてあります。急き立てられている気分になって、反発する人がいるかもしれません。もともと人が羨む感性があり、他者との関わりも積極的ですが、心を許さず、スキを見せない一面があります。意識して心にゆとりを持つことです。義理を重んじ人に尽くせば、大成功する予兆があります。

潜在的運勢

物静かで、楽天的。風雅を好む。
人情は厚いが、嫉妬心も強い。

愛情運

ドライな割には、人情味溢れる人でないと落ち着きません。現代風のあっけらかんとした人は不向き。単に外見に惹かれることはなく、自分にとってメリットのない人は相手にしないようです。親との縁は薄く、早くに親元を離れたり、自立する場合もあります。男女ともに、結婚後も意識は家より外。自分を高めていく日々を送ることで、仕事も人生も生き生きとします。

仕事運

ライバル意識が強く、攻めている間は好調です。受け身の状態には弱いので、棚ぼたを待っていては成功はありません。希望を大きく、全力でチャレンジすることがポイント。いきなりトップに立つよりもナンバー2に徹すると十分に力が発揮でき、運が開けるという要素があります。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP