東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己巳(キシ・つちのとみ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

非常に勢いがあります。それは身体の内部から自然とわき上がってくるパワーです。包容力もあります。といっても、平穏な毎日を過ごしているとは限りません。いろいろ紆余曲折があり、壁にぶつかったりもしますが、こうした苦労を表面に出しません。朗らかさの中にすべてをしまいこみ、何食わぬ顔ですましています。シャイな部分と周囲を嫌な気分にしたくないという心遣いですが、この強い精神力は、周囲に緊張感を与えず、リーダーの適性を一段と高めているように思われます。ただし、頭を一つ下げれば済むことをせず、せっかくのチャンスをみすみす逃がしてしまう点は玉に瑕。築いた人脈を大事にしていくためにも、精神面を充実させ、幅広い視野を養っていくと発展し、名をあげていく可能性が大いにあります。

潜在的運勢

物静かで、楽天的。風雅を好む。
人情は厚いが、嫉妬心も強い。

愛情運

愛情に関しては屈折しています。素直に心を打ち明けることができません。しかし、決めたとなると、とことんまで。何かの拍子に暴走し始めると中途半端で止めることはしません。家族や友人を捨ててでも、想いを全うしようと考えます。結婚後は、良き家庭人ですが、独立心が強く、自分の家を相続しないこともあります。女性であれば、家庭におさまってしまうよりは、外でも活躍するほうが向いています。

仕事運

本来、頭が良く、学問や文芸、技術方面の素質があります。見果てぬ夢は追いませんが、成功は勝ち取りたいタイプ。人情に厚く、気配りもします。ただ、簡単に心の内は見せることはなく、明るく装いつつも、一抹の不安を抱えていることも…。心のバランスをいかに保つかがポイント。独立独歩の意志が強く、跡取りであっても自分の道を歩む傾向があります。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP