東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己丑(キチュウ・つちのとうし)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

出しゃばらず、堅実。周囲を気遣い、他者を優先します。それが逆に、内心を隠しているような印象を与えてしまうこともあります。とはいっても、ただのお人好しではありません。ゆったりとした外見の裏には、激烈な競争心があります。次々に目先を変えていくこと、好奇心を刺激されたものには、全力を尽くします。しかし、生来の淡泊さ。気質的に執着できず、じっくりと取り組むことは思いが空回りしがち。出来事はそれを解決すれば、精神力、思考力、財力と何かしらの報酬をもたらします。耐えることを知るから、希望のものを獲得できるのです。事が起こっても、何が問題かがわからなければ、解決はできませんが、出来事は解決法を秘めているものです。問題にぶつかったときは、怖じ気づかずに向き合いましょう。

潜在的運勢

争いを好まない。
自負心がなく、万事控えめ。

愛情運

反応をうかがいつつ、自分有利にみるきらいがあります。そのせいか燃え上がった反動で急に冷めたりもします。状況判断の読み違いに注意。男女ともに、結婚後は、よき家庭人です。ただ、自分の考えを崩さず、計算ができない時すべてを捨ててしまうということも。中年以降に開運する暗示を持ちますから、若いうちは運気の変動に惑わされないよう堅実に。

仕事運

ひとりは苦手ですが、内心は決して弱くはないのですから、決断力を磨くことです。自分の個性と才能を大切にし、それを生かす道を歩もうとするとき、必然的に孤独に邁進せざるをえません。人の顔色をうかがうよりも、もっと、自由な心で自分の特色を押し出した方が良い結果につながります。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

午未

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP