東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己亥(キガイ・つちのとい)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

飾らない人柄と伸び伸びした明るさが魅力。何が起こっていようと、動揺しない度胸と落ち着きは、実年齢よりも大人びた印象を与えます。人情に厚く、ユーモアもあるのですが、人間的なふくらみはあまり感じさせず、むしろぶっきらぼうな態度をみせるので、「無愛想な人」と評価されてしまうこともあります。器用さはありません。とっかかりに手間取ったり、要領よく立ち回れないこともあるでしょう。それでも、多忙さに紛れて自分を見失うことなく、自分を十分に生かし切ることです。一度行く方向を定めたら、どんな障害も乗り越えていけるはずです。時間はかかっても、得意とする分野をつくり、自信を得ていけば、成功と呼ぶにふさわしい状態を実現できるでしょう。金運もあります。

潜在的運勢

賢くて、朗らかで、動作が素早い。
何事にも積極的です。

愛情運

まっすぐで真面目。時間をかけて、心の通じ合う人を求めます。軽率さがないだけに、独占欲は強く、自分だけを見つめるように要求します。家庭的には、波乱の星があり、結婚後は、自らを追いやったり、親に心配をかけたりすることのないように注意が必要です。男女共に財運があるので、波乱の要素を乗り切れば幸せな人生を送れます。女性は、家庭におさまるには、やや自我が強烈かもしれません。趣味など、自分をアピールする場を設けるといいでしょう。

仕事運

理論だけでは机上の空論。考えることは実り多い行為ですが、決断し行動する勇気が業績を築きます。喜びはそこにあります。激しい言動や風変わりな点が人気となったとしても、節度を欠いては不快感を与えマイナス。できるだけ相手を理解し、現状に満足するように努めること。健康的で品格のあるユーモアが幸運を呼び込むことを忘れずに。明るさがポイント。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP