東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 庚午(コウゴ・かのえうま)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

楽しく騒いでいるのを少し離れて見ているのが好き。ノリが悪いとか寂しそうとか思われがちですが、ごく自然にふるまっているだけ。そもそも、図々しさや無神経さは性に合いません。正義感は強く、負けん気もなかなかですが、こうした強さや鋭さは、外見の品の良さですべて包んでしまい、普段は寡黙で、態度も人柄も淡々としたものです。ただ、迷いにぶつかった時は、思い切って挑戦することです。順境だけの人生などあり得ないことで、逆境の向こう側にも幸福はあるのですから、急ぎすぎず、怠けすぎず、なりたいと願う方向へ、日々自分を伸ばすことです。自分を単純に結論づけて、もたれかかっていては、事態はもつれていくばかり。知力と意志力で歩んでいけば、必ず個性的な人生、幸福な人生を形作っていくこととなるでしょう。

潜在的運勢

物事を恐れない。同情心に富む。
永続性に欠ける面がある。

愛情運

迷いやすさはあるものの、夢は夢、現実は現実と割り切り、目的が決まれば最大限の努力をします。この積極さで、人生に体当たりすることも。家庭生活に迷いが出るとすべてが不安定になりますから要注意。きっちりとした人生観を持ち、婚期を遅らせたとしても、それはそれで良し。焦る必要はありません。結婚後、女性は家庭を第一に考えます。男性は、家庭はパートナーに任せて仕事に邁進の傾向が強い。

仕事運

物事を理論的に分析し、作戦を立てるのが得意。良いと思ったことはどんどん取り入れます。決断も早く、答えはイエスかノーか。中途半端は嫌いです。ただ、独創性や分析力を最大限生かすには、落ち着いて取り組むことがポイント。日本風の情緒と西欧風の合理性を持ち、文章を書くことや芸能、芸術、技術・学術方面に優れたものがあります。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP