東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸巳(キシ・みずのとみ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

明るく、気さく、どこにいても見栄えがします。俗に言う花のある人。人付き合いでも考え方でも、人の模倣によらず独特のもので、判断や行動を決心する基準は、過去の経験から。目標達成も無理はしません。バランスをとり、支障のでない計画を立て、粘り強く目標へ向かいます。こうした堅実さと飾らない人柄が相まって、ますます信用を厚くしていきます。もともと生活力は豊かですが、感謝の言葉を、気持ちよく、親しみを込めて言う習慣が身についたならば、人生は数倍輝きます。人々を大切に思う心を端的に表現することは大事。言う人の心も、聞く人の心もなごませ、精神的にヘトヘトの時には救いとなります。酒色に逃げ込み、自分を見失うこともありません。ぶしつけを天真爛漫のつもりでいると感情的な摩擦を生み、状況を悪化させますが、感謝は人の心をつかみ、活力を生み、どの種の困難であれ乗り越えていく武器となります。

潜在的運勢

沈着でやや陰気だが、反面激しやすい。

愛情運

雰囲気を楽しむ空想家。干渉されると嫌気をさすことも。女性は、周囲に左右されず、我が道を行くだけにうっかりもありますが根は真面目。結婚後は、家庭を大事に守ります。男性は、細やかな気遣いを見せますが、気詰まりにならないよう、ほどほどに。結婚後は、仕事はさておいて家庭づくりに協力的です。男女ともに、精神面のもろさが気がかり。親に心配をかけることのないように。片意地を張らず、変転の少ない人生を歩みましょう。

仕事運

現実生活での政治力と企画力があります。あとは決断し行動する勇気が業績を築きます。喜びはそこにあります。大げさな言動や風変わりな点が人気となったとしても、節度を欠いてはマイナス。できるだけ現状に満足し、相手を理解するように努めること。周囲と折り合いをつけるには、苦労はいりますが、それでもできるだけ多くの人の力を借りた方がいいのです。人は資本ですから。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP