東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸丑(キチュウ・みずのとうし)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

情熱と信念、シャープなひらめき。常に何かに夢を託し、挑戦していく楽しさを秘めています。アイディアを巡らし、状況に応じての対応もお手の物。経験値から方法を選択していくのですが、瞬時のことだからでしょうか、真意が伝わらずもどかしさを感じることも。最善の判断も周囲から見ると、その基準が判らないのかもしれません。意志強く、自主独立が旨ですが、隠れた恩恵や引き立てを受け、窮地を打開する好縁を備えています。協調を心掛けるあまり消極的になっては進歩は期待できませんが、チームワークの位置づけは大切です。いかに優秀でも、相互扶助の念に欠けるのは厄介。感謝の気持ちほど貴いものはなく、ひとりの人間として大いに成長するための糧でもあります。人並み外れた努力家の素養があるからこそ、協調と融和を考え、自信を持って進むと、きっと豊かな収穫があります。

潜在的運勢

先見の明があり、活動的。社交性に富む。
表面は温和で内面は頑固。

愛情運

表面的な優しさから頼られ、発展していく可能性があります。社交的ですが、節操に欠けると思われないように注意しましょう。ただ、強靱な根性とせっかちさからか、理解し合いたいのに、反発を買ってギクシャクしがち。直感に頼りすぎず、思いを素直に伝えることができたなら完全です。男女共に結婚後は、依頼事に駆け回ることが多そうです。よこしまな心を起こして家庭運を不安定にすることのないようにしましょう。

仕事運

社会の動きに敏感で、情緒性、シャープなセンスはどのような分野にも発揮されていきます。人に対しては、愛想がいいだけでなく、「やらねばならぬ」の強い信念で人道的な仕事もこなします。率直に大胆に自分を出していくと、頭角を現すこととなるでしょう。ただ、人前で辱めを受けると心のバランスを崩しがち。メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さを持つことがポイント。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。


農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP