東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸亥(キガイ・みずのとい)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

無邪気さに子どもの印象、姿勢の良さに冷たさと神経の細さを感じさせます。しかし、内面は、信義に厚く、実に穏やか。なかでも、生来の明るさと誠実さは特筆すべきものがあります。そのうえ観察眼鋭く、柔軟な思考となれば、リーダーの資質は十分。多くの注目を集めます。自尊心は高く、実より名誉の理想主義。理想を追っての悩みはありますが、純粋に夢を求め続けていくのが楽しいと思えるのは、素晴らしいことです。どの道に進むにしても、地歩を固め、世の中に認められるには忍耐です。困難な時と所にあって、なお耐え忍び、工夫し、がんばり続ける人だけが、希望とするものを手にするのです。価値のある物ほど長い忍耐を要しますが、事を成し遂げた暁には、耐えたことを思い出すたびに愉快になることでしょう。

潜在的運勢

明朗、温厚。
人情が厚い。

愛情運

アプローチが得意ではなく、相手次第のところがあります。ただ、選り好みは激しい。清濁を併せ呑むことができるだけに滅多なことでは怒りませんが、怒りだしたらとどまるところを知らず。関係を断ち切ると言い出しかねない意志の強さ。結婚後、女性であれば、家庭に入ってからでも、趣味が本業へと育っていく可能性があります。いずれにしても、外で活躍するだけの才覚あり。男性は、亭主関白の傾向が強いようです。

仕事運

とぼけながら隙のない野心家。がむしゃらに成功を勝ち取りたいものの簡単には内心を見せません。そのくせ自信を砕かれるとやたら神経質になるのですが、そもそも人間の能力に大きな差はありません。あるとすれば物事を徹底的に掘り下げたかどうかということと心のバランス。思慮は深く、柔軟に。これが発展のポイント。独立独歩の意志が強く、跡取りであっても自分の道を歩む傾向があります。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP