東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 甲午(コウゴ・きのえうま)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

物静か。しっかりと状況判断をし、どうすべきかを見極めます。現状に不満があれば、必ず打開策を模索し、解消に向かいます。切り換えも早い。いつまでも一つのことに関わっていません。ともすると自分を過信して、つい言い過ぎてつまずきの原因を作ることもありますが、すべてを合理的に割り切り、何をするのにも自信があります。少々身勝手さも感じますが、自分を慕ってくれる人には文句を言いながらも、最終的には解決がつかなければ面倒を見てしまいます。打算で近寄ってくる人も少なくありませんが、それはわかっていて納得ずくの親分肌。そこはかとない愛嬌の良さも人を集めます。気概も根性もあります。あとは謙虚さ。謙虚さは学びの心を芽生えさせ、成功への扉を開きます。

潜在的運勢

頭が良く器用です。自身の努力で華開く。
軽はずみで失敗しやすい。熱しやすく冷めやすい。

仕事運

選り好みが激しいうえに直感に頼りすぎ。一目惚れしやすいのも特徴です。正面から正々堂々とぶつかり、若いうちはゲーム感覚ということもあります。いずれにしても複雑で屈折しているので素直に愛情を表現することはありません。結婚後、男勝りの気の強さで女性は苦労するかも知れません。ためらいや迷いにひきずられることなく、ズバッと核心をついていきます。男性は、妻縁が不安定です。明快ですが情緒が足らず、行き詰まると融通性をなくし、自滅しかねないので、その点はご注意。

仕事運

せっかちに物事を進めたり、意固地になると苦労を背負い込むはめに。表面上で物事を判断せず、慌てずに全体を見る余裕を持つ事がポイント。才知があります。
芸能や学術系(学問と芸術-学問と技術)に人生を求めると成功の兆しが…

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP