東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 甲辰(コウシン・きのえたつ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

穏やか。人柄としては地味なタイプ。態度は控えめで、どんなに激昂していても決して高飛車になったりしません。時には慇懃無礼に感じられるほど。もともと淡泊でこだわりがないだけに行動や思考にムラなく、いつも一定のレベルを保っています。ただ温和な人柄で安心感があるというだけではありません。客観的なものの見方をし、相手との距離を測る計算高さもあります。受け身で対応しながら裏の駆け引きは巧み。それでも、その時の気分の影響を受けやすいのも事実。計算高いだけではやがて行き詰まります。経験を積み、起きたことに対して、どのように感じ、何を学ぶかが大事です。何か一つ、自分の特徴をきちんと見極め、強い信念をもって進むと好結果が得られます。

潜在的運勢

軽はずみで失敗しやすい。
表面は温和で内面は頑固。

愛情運

控えめで慎重なのは愛情についても同様です。美醜に左右されることはありません。しかし、決めたとなると心の内をアピールしていきます。結婚後も仕事第一ですが、家庭に対する責任感もあります。頼られるのに弱く、よく尽くし、しっかりと家を守ります。子育ても完璧にこなします。嫉妬心はなかなかですから、人を疑うのはほどほどに。

仕事運

意外に頑固で用心深い。初めて会った人、知らない話は信用できません。やや面白味に欠ける面を見せつつ、自分の都合の好いように考え、自分の能力に自信を持っているところがおもしろさを感じさせます。多角的に物事を考えることが発展のポイント。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP