東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙丑(イッチュウ・きのとうし)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

真面目で素直。嘘やお世辞は苦手です。実に慎重で、自分から渦中に飛び込んだり、いたずらにかき回して混乱を一層大きくすることはありません。基礎には、弱気や淡白なところがあり、それが控えめとなって外に表れるようです。本当は、少し自信を持って振る舞うと意外な成果や成功を呼び込む気運を持ちます。一つでも、自分の得意技を持つことです。また、こだわらないさっぱりとした気性は、友人を増やし、人脈を作ってゆくには最高のもの。損得はあまり考えず一途に弱者の手助けをする気概は、正義感を裏付けるものです。ただ、正義はすべて正しからず。過ぎると自説に固執しすぎて周囲との衝突の火種になりかねません。精神面の充実と内容の強化をはかれば、数倍大きな人間になれます。

潜在的運勢

争いを好まない。
質素、物質・金銭運が良い。

愛情運

待つタイプ。積極的に打って出ることはないものの、ボランティア精神は強く、惜しみなく愛を与えます。テクニックよりも親切な人柄に人が集まります。女性は結婚して家に入ると、とても上手に家庭を運営します。男性もよき家庭を築いていきますが、責任感の強さが心配。度が過ぎると亭主関白のうるさ型。家族からは敬遠されかねません。

仕事運

仕事熱心で勉強家なので、リーダー的な役回りはピッタリ。ただ、とっかかりをどこに作ったらよいのかわからない几帳面さとスキのなさに周囲は窮屈を感じることもあります。融通が利かないというよりは、自分のことしか考えられないというところが本音。仕事面の充実を図るには多角的に物事を考えることがポイント。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP