東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙亥(イツガイ・きのとい)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

どのような状況でも冷静に対処できる精神状態をもっています。周囲の変化にのみ込まれない強さが、いかようにも対応できる柔軟さと自在さを生んでいるのでしょう。また、先を予測するのがうまく、機転を利かす頭の良さもあります。様々なデータを集め予測するばかりでなく、過去に経験したことを無意識に記憶の底から知恵とする反応は、本能的に備わった能力のようです。次に打つ手をどれにするか「ああでもないこうでもない」とすっかり疲れてしまうこともありますが、途中でやめることはできません。ただ、あまりに一つのものばかりに執着しすぎると、せっかく持って生まれた成功運を台無しにしてしまいます。一歩ずつ足もとを固めながらもキャパシティは広く。大きな心で。

潜在的運勢

沈着。
暗く、晴ればれしない雰囲気を感じさせるものの、反面激しやすい。

愛情運

人嫌いなわけではないのですが、クリーンな心根を素直に表現できません。奇妙な雰囲気を感じさせます。威勢の良さとは裏腹に涙もろく、心を許してくれると親しみのあまりに付きまとうことも。うっとうしがられてはせっかくの思いも残念です。ご注意を。姉御肌の女性も優しい物腰の男性も、結婚後はよい家庭を築いていきます。

仕事運

せっかちは思わぬ失敗を巻き起こす元。話のうまい人や表現の豊かな人を信じて、うっかり騙される危険がありますから、慌てずに仕事の全体を見る余裕を持つ事です。感性の良さがあります。学問的な方面、または芸術的な方面にも成功の鍵があるようです。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP