東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙巳(イッシ・きのとみ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

きりっと引き締まった風貌。性格は割に短気で、動作もきびきびとし、息抜く暇もないほど結論を急いで出していきます。しかし「竹を割ったような」とはいきません。物事を割り切って考えられないというのではなく、思考することを苦にしないのです。論理思考に長けた分だけ結果も残します。実利に関してはとても敏感で、なかなかの立ち回りをし、活動のためのマルチな才能を兼ね備えているといえます。頭の中ではしっかりと利害や損得計算をし、必要とあれば上手に媚を売ることもします。口八丁手八丁の駆け引きも、多角的な英知と才略でこなします。進取の気性に富んでいますから、慣習にとらわれず、進んで何か新しいものを求め、「改革」していく心構えを忘れずに。

潜在的運勢

明朗、温厚。
人情が厚い。

愛情運

夢と利害を両立させるタイプですが、愛情に関しては夢の部分の比重が大きくなります。見果てぬものを求めてさまよったりもします。ただ、自分と同じ程度の頭の回転の速さや決断力がないと進行していくことはできません。結婚後もおとなしく家に閉じこもることはできず、家庭を基地として、仕事に邁進していきます。ただ、家庭生活に迷いが出るとすべてが不安定になりますのでその点は要注意です。

仕事運

仕事中心に生活をスケジュールしていきます。名誉欲は強く、選挙戦の渦中に身を置いたり、政治家としての生き方を考えたりもします。物事を分析し作戦を立てるのが得意で、良いと思ったことはどんどん取り入れます。決断も早く、答えもイエスかノーで、中途半端は嫌いです。文章を書くことや芸能、芸術、技術方面に適性があります。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP