東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丙子(ヘイシ・ひのえね)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

一言で表現すれば「太陽」のようです。性格は明るく、素直。恵まれた天分をもち、発展していく機運をはらんでいます。もし、何かに躓き、失意の底に沈むような波乱があったとしても、道を開く底力があります。正義感も強く、他人のことでも筋を通します。それで不利益を被ったとしても、ケジメをつけずにはいられません。メンツにこだわって、躊躇したりはしないのです。このようにフットワークが軽いうえに、もともと考えることが好きで、新しさを常に取り込んでいくことが楽しいようです。ただ、結果を残すにはその分に応じた忍耐力が必要です。根気強く奮闘し、考えをどこまでも追い詰め、ひらめきを身近なものにすることです。よいアイディアが得られれば、さまざまなメリットを享受できます。

潜在的運勢

自尊心が強く、自信家。実行力がある。
意志が強く、中年以後に開運する。

愛情運

独特の価値観を持ち、干渉されることを嫌がります。女性は特に個性的。自分が納得するためのハードルがあり、晩婚になる傾向もあります。精神面のもろさが気がかりで、親に心配をかけることも。結婚後、女性は自分の守備範囲を守り、家庭を大切にします。男性は守備範囲が仕事中心のため、家庭のことは全権妻に任せがち。感謝の心を忘れずに。

仕事運

考えることは実り多い行為ですが、決断し行動する勇気が業績を築きます。喜びはそこにあります。激しい言動や風変わりな点が人気となったとしても、節度を欠いては不快感を与えマイナス。できるだけ相手を理解し、現状に満足するように努めること。健康的で品格のあるユーモアが幸運を呼び込むことを忘れずに。明るさがポイント。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP