東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

子(ね)

十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称。草木の発生・繁茂・成熟・伏蔵の過程、つまり陰陽の盛衰する順序を12の段階に分けてつけたものです。十の幹なるものとして十干があり、幹の枝葉となるものとして十二支があります。
十二支に動物名をあてて呼ぶようになったのは中国の戦国時代(紀元前480〜247年)の頃です。
暦を未開の地方の民に伝えるために、子(し) ・ 丑(ちゅう) ・ 寅(いん) と抽象的で難しい字を覚えさせるより、動物名をあてはめたほうがスムーズに解釈できると考えたのかもしれません。呼びやすさ、わかりやすさをねらって動物名をあてたことがさまざまな迷信、俗説を生む要因となりました。
語源や成り立ちから、枝葉となる個性を占います。

語源と成り立ち

子(ね)は「孳」に由来し、うむ、しげる、ふるえるという意味があります。
陽気が動き出し、万物が芽生える状態を表しています。
知性、順応性、細心、冷静さが取り柄。

性格

子日生まれの特徴−
頭の回転が速く、機転も利き、細かいところに良く気がつきます。直感力が鋭く、初対面でも相手が何を考えていて、どういう人かをよくよく見ています。
固定観念に縛られることがありませんから、ものごとにはこだわらず、足りても足りなくてもうまくやっていけます。どんなところにあっても、それなりに順応でき、自分を環境に合わせていく能力があるのです。

他人に対しては、気軽で、柔和。親しみやすい印象を与え、適当にお世辞も言えるし、ユーモアを交えて人を笑わせたり、楽しませたり。それに現実的で、何をするにも状況をみながら行動し、目的達成のためには、あの手この手を駆使する用心深いところもあります。ただし、用心深い割には人に親切にされると感激し、無条件に相手を受け入れてしまい、すっかり信じ切ってしまうというところもなきにしもあらず。


順応性がありますから普段はのんきにしているようですが、案外せっかち。結論を急いで見込み違いをすることもあります。欲に目がくらんだときなどは、ミスをして一網打尽にされかねませんので注意が必要です。

顔には出すことはないようですが、経済観念は相当に発達しています。
また「窮鼠猫を噛む」のたとえどおり、窮地に追い込まれたときは、見事なまでの開き直りを見せ、驚くばかりの力を発揮します。
ともかく、子日生まれの人は社交性と用心深さがチャンスをつかむカギとなるでしょう。

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP