東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 庚子(コウシ・かのえね)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

やや内向的でデリケート。ただ、物事に対しては実に合理的です。傷心の日々も、見た目は、ゆったり、のんびり、あっけらかん。身に起きたことをすっと吸収し、動じた姿を見せないのです。なにしろ一度決めたら思いっきり。失敗したら、クヨクヨせずに次の方法を模索します。このように活力に満ちた生き方は、周囲に有益な影響を与えるでしょう。しかも徹底した努力家。才能や能力は、もって生まれた素質だけで決まるものではありません。反復的な努力によって才能に磨きをかけ、能力をふるに活かせる喜びを味わうことで、幸福を感じることができるのです。もし、才能を十分に活かして使い切ることができれば、社会に貢献しつつ、自らも成長し、その道で大成していける可能性は大きい。

潜在的運勢

自尊心が強く、自信家。実行力がある。
意志が強く、中年以後に開運する


愛情運

複雑に絡まってくると生来の淡白さから、すぐに手を引きます。未練がましいことはしません。ただ、内弁慶のため、気を許せる家族には感情をストレートにぶつけてしまいがち。その点はご注意を。女性は、活発なので“遊び人”と勘違いされることもありますが、結婚後は家庭をよく守っていきます。男性は、妻縁に変性がみられるせいか、結婚後も家庭より、自分の信条を優先しがちです。

仕事運

せっかちに物事を進めたり、意固地になると苦労を背負い込むはめに。表面上で物事を判断せず、慌てずに全体を見る余裕を持つ事がポイント。才知があります。そして、行動を尊ぶ実践派。まず動くことで、確信を得ていくようです。芸能や学術系(学問と芸術-学問と技術)に人生を求めると成功の兆しが…。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP