東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 甲子(コウシ・きのえね)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

人一倍タフ。激しい競争も勝ち抜いていけます。自信もあります。カラーが強い分だけ自己主張はありますが、とっつきにくさはありません。 内心どのような感情を持っているかは別としても、相手の立場を尊重し、実に折り目正しい。しかも物怖じせずに交友を深め、話題も豊富となれば、場の中心人物となるのも納得。ただ、意固地になるとエゴイストな一面が顔を出し、我を押し通そうと躍起になります。あまりにも行き過ぎた行動になりかけた時は、心してブレーキをかけましょう。人のやれない難事をやり通す天分を備えているのですから、マイナスイメージを与えるのはもったいないことです。おおらかで愛嬌がいいのは何よりのチャームポイント。幸運を呼び寄せ周囲も明るくなります。

潜在的運勢

神経質、迷いやすい。
知識欲おう盛、学芸に秀でる。

愛情運

自分の心に気付いてくれるのを待っています。積極的ではないものの、観察力は鋭く、独自の人物評価をしています。時には感情が先行して、束縛しようとします。これが原因となり、自由を求める相手とは長続きしません。かといって自身も家庭的ではないので、外にもう一つ生活の場が欲しくなるでしょう。女性の場合には、専業主婦は不向きです。ただ、だからといって、勝手を言い出していては幸せは遠のきます。ご注意を。

仕事運

ガンガンやっているのに髪振り乱す印象を与えない品の良さ。名誉欲は強く、物事を理論的に分析し、作戦を立てるのが得意。良いと思ったことはどんどん取り入れます。決断も早く、答えはイエスかノーか。中途半端は嫌いです。ただ、独創性や分析力を最大限生かすには、落ち着いて取り組むことがポイント。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。


水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP