東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丙戌(ヘイジュツ・ひのえいぬ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

情緒たっぷりで、ほのぼのとして明るい。積極的に打って出るというより、飛び込んできたチャンスをものにしていくほうです。外面を飾ってよく見せるといった欲はありません。ただ、相手に合わせて駆け引きをする裏表はあります。これは生きる上での技術。なかなかの策略家で、人を見抜き、味方になってくれそうだと結論づくと獲得に全力を注ぎます。こうなると、他者依存にも見えますが、深謀遠慮。対等な場でのやりとりでは、計画を立て、努力を重ね、損得をきっちりとはじき出し決断します。何か独自の技術や考え方などを身につけ、心の充実をはかり、自信を持つことです。こうした積極性は、大業を成功させるための力になります。 気分を害するとなかなか直らず、ひがみっぽくなるのは玉に瑕ですが印象は悪くありません。あとは蓄財することで運が開けていく運勢ですから、投機よりも蓄財。

潜在的運勢

先見の明があり、活動的。社交性に富む。
表面は温和で内面は頑固。

愛情運

なかなか心の中を表さないのですが、恋愛に関しては臨機応変です。ただ、意見が食い違ったり、失恋したりすると殻に閉じこもりがち。次のチャンスへ前向きに行動することを忘れずに。女性は、結婚後は一途になりやすく、さりげなくサポートする教育ママか、仕事優先のどちらか。男性も家庭か仕事かどちらか一方に向かいそうです。長子でなくても家長の責任を負うことがあります。

仕事運

ひとりは苦手ですが、内心は決して弱くはないのですから、決断力を磨くことです。自分の個性と才能を大切にし、それを生かす道を歩もうとするとき、必然的に孤独に邁進せざるをえません。ユーモアがあり、芸術的センスはかなりのも。学問的な素養もあります。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

午未

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP