東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丁卯(テイボウ・ひのとう)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

挫折にみまわれても、へこたれません。意志の強さはかなりのもの。何事も徹底してやるのが特徴です。第二の人生は、趣味を生かして別の道を歩むということもあります。ただし、あることには深い知識があっても、他のことには幼児さながらの無能ぶりでは、社交性のない変人となってしまいます。せっかくの特徴も台無し。ワンランク上の人と出会い、より発展していくという可能性があり、そのためにも人付き合いの良さを身につけておきたいもの。ともかく率先して模範を示すことです。模範を示すことは、言葉なしにもかかわらず、力強く人を引きつけます。このような意欲的な取り組みは、必ずよい結果につながります。人と協調し、打ち解けていけば、新しい世界が開けてきます。

潜在的運勢

軽はずみで失敗しやすい。
熱しやすく冷めやすい。

愛情運

もともと恋多き人。結婚にとらわれず、愛し合っていればどうでも良いと思いつつ、失恋するとなかなか立ち直れない可愛さがあります。結婚後は家庭を上手に運営していきます。女性は、家庭を大事にしつつも仕事や趣味を持ったほうが、良好な人間関係が築けそうです。男性は、少年のように夢を追い、夢を語る純粋さを持ち続けます。

仕事運

欲にかられるようなギラギラした野心はありませんが、周囲を気にせず意志を貫きます。その反面、神経質な部分もあり、プレッシャーを感じると、自分の中で処理しきれないことも…。些細なことを気にして、疑心暗鬼になったりする点は要注意。感情に左右されて当たり散らすことのないように、視野を広め、客観的思考を持てたなら、成功は確実なものとなります。


職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP