東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丁酉(テイユウ・ひのととり)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

明朗で快活。オーソドックスを好みます。頭の回転が速く、幅広い理解力と情緒の豊かさは人間的なふくらみを感じさせ、これが魅力となっています。また、あっさりとして、いつまでも恨みに思ったりはしません。おもねることもありません。どのように噂されようと気にしない鷹揚さがあります。はったりをかけず、上手に歩み寄れる余地を残して関係を築くので、そこはかとない気品も感じさせます。常識を尊重し、どちらかといえばやや保守的ですが、壁にぶつかっても、希望を失わず自信を持ってチャレンジしていくことです。それによって発展の兆しが見えてきます。希望は、不幸を幸福に転ずる“導きの星”です。消極的になるとせっかく芽吹いたものがしぼんでしまいます。

潜在的運勢

神経質、冷静。
知識欲おう盛、学芸に秀でる。

愛情運

誰にでも打ち解けて気安いのに、きっかけをつかむのが苦手。空想癖から独り相撲のようなことも…。メリットのない人は相手にしない傾向があるものの、いったん知り合うと、誠実な人柄はそのまま。もともと三角関係や不倫はなじまない星回りです。夫婦縁は悪くありません。結婚後は、家庭に入れば家族の世話をいといませんが、仕事を持っていた方が生活にリズムができて、よりスムーズなようです。

仕事運

本来持っている「人の役に立つ」部分が人望を集めます。そして、いつしか培った人脈が思いもしなかったパワーを発揮することになります。露骨な競争心よりも、平静な態度でナンバー2に徹すると運が開け、トップまで上り詰めることができます。常に目標を持つことがポイント。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP