東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 丁未(テイビ・ひのとひつじ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

肝が据わったイメージ。無頓着に見えますが、実は周囲に対する配慮を忘れません。人情味豊かで、ユーモアがあり、実に人懐っこい。せっぱ詰まった状況に追い込まれても、解決策を模索しながらも笑顔を絶やさず、平静を装う強さもあります。ただ、生理的に受け入れられず、いじましさを露骨に出してしまうことがあります。もともと自己コントロールには弱く、理想と現実のギャップを埋められず苦悩することが少なからずありますが、それでも、周囲には何となく好感を持たれます。苦境に直面したときは、周囲の援助や引き立てを受けて道を開くという、生まれついての恩恵があります。一度信用を築けば、進路は自ずとひらけてくるのですから、たゆまず誠実に努め続けることです。

潜在的運勢

争いを好まない。
自負心がなく、万事控えめ。

愛情運

しっとりしたムードは表面的なもの。内面は情熱的。一度心に決めたことは少しばかりのことでは諦めません。周囲をハラハラさせることもあります。直感で恋愛関係に入ることが多いようですが、なかなか計算高い。リーダーの素質をもっていますから、結婚後も家庭にとどまらない傾向があります。ただ、女性は、孟母三遷の教えよろしく、子どもを育てあげます。子育て専念型も少なくありません。

仕事運

実にクレバー。新しいことにチャレンジし、形あるものに仕上げていく才能は抜群です。臨機応変に対応ができるのですから、メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さ持つことこそが成功の階段を駆け上るポイント。単独仕事や裏方作業は苦手です。

職種

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP