東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 戊申(ボシン・つちのえさる)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

温和な風貌で、おごり高ぶったところがありません。素朴で飾り気のない性格は、付き合ってみるほどにわかります。非常に親近感を抱かせます。その一方で、どこか気品があり、要領も良く、何事にも習熟して上手にこなしていきます。そして、大変なきれい好き。乱雑さに怪訝な顔を見せたり、ほんの少しの埃を気にしたりもします。人間関係もドロドロしてくるとついていけず、これが、唯一の弱点かもしれません。反骨精神は強いものの、自分が納得すれば実に献身的に働きます。情に厚く、頼まれるとイヤと言えません。ただ、何事につけても自己管理はビシッとけじめを付けることです。着実さ、堅実さで人に知られぬ恩恵を受け、苦境を好転させいくのですから、どんなに苦しい時でもそのことを忘れずに。

潜在的運勢

賢くて、朗らかで、動作が素早い。
何事にも積極的です。

愛情運

警戒心が強く、未知の人とすぐに顔なじみになるというよりは、自分のエリア内での交際が主。趣向の部分で知り合い、関係を深くすることが多いようです。じっくりと相手の心が開くのを待ちますが、見込みがないと分かると身を引く潔さもあります。結婚後も少しずつ自分を向上させる熱意を持ち続けていくため、家庭内では教育熱心。仕事を持ち続けると良い結果が得られます。

仕事運

些細なことを気にして、疑心暗鬼になったりもしますが、感性の鋭さは芸術や学問の方面に向けるとひらめきがあるはず。突出した才能や手腕はありませんが、地味ながら確実に前進する真面目さがあります。視野を広め、客観的思考が持てるように心がけましょう。心の余裕が成功を確実なものにします。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。


金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP