東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

申(さる)

十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称。
語源は、草木の発生・繁茂・成熟・伏蔵の過程、つまり陰陽の盛衰する順序を12の段階に分けてつけたものです。十の幹なるものとして十干があり、幹の枝葉となるものとして十二支があります。語源や成り立ちから、枝葉となる個性を占います。

申(さる)は「伸」や「呻」に由来しています。
なおも陽気を残し、万物が十分に伸びきった状態を表しています。
また「申」は稲妻。真っ直ぐに光りがくることをも表わしています。
進取的、機敏、完全性が取り柄。

申日生まれの特徴−
器用で頭の回転が速いうえに観察力が鋭く、機転が利き、細かいところに良く気が付きます。また、機知に富み、変化に富んだ対応ができ、何事も巧みに対処していきます。

動作は 敏倢びんしよう で活発、積極的であらゆることに興味を抱き、理解し吸収する能力にもすぐれているうえに、どんな環境にも順応でき、明るく快活で愛嬌があるので、対人関係も円満です。そして、創意工夫が得意ですから、プラン立てはお任せです。どこにいても重宝がられます。

さらに言えば、筋道の通った意見を述べ、よく発言もします。 勉強や修行のためなら何事も恐れず、わが身をかえりみないという面も見られます。ただ、プライドが高く、自己を過信するところがありますから、功績を焦ってチャンスを逃すことのないように注意しなければなりません。

概して社交的で要領が良く、口八丁手八丁といった感じで、多芸多才。知恵をめぐらし策略を用い、自分にとってプラスとなるものや人を見定める傾向があります。しかし、その反面、落ち着きを欠いたり、四方八方に気を遣いすぎたり、からだを動かさないときは頭を動かしているといったように、注意力散漫になりやすい点もなきにしもあらず。

瞬時に相手の真意を見抜く力をそなえ、人の気持ちを理解する才に長けているところから、人によっては「お調子者」に映ることもありますが、集団の一員としても、個人プレーに徹してもやっていけるという、実に器用な面をもっています。

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

↑ PAGE TOP