東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 壬申(ジンシン・みずのえさる)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

明るさ、強い意志、旺盛な好奇心。何をするにも落ち着いて見えます。ただ、内面はせっかちで勝ち気。時に思いの強さで暴走することもありますが、悪気はないのですから愛嬌でカバー。人は何事かを成し遂げたいと願っています。最後までやり通すには、持続する精神と適切さが必要です。それを欠けば、脇道にそれて現実のものとはなりません。また、成功においてなにより肝心なことは、仕事の成功ではなく、人間としての成功です。自分に与えられた天分を十分に生かして生ききるということ。そうすることで、思いがけず、新たな展望がひらけてくるのです。恵まれた陽気さは、幸運を呼び込み、より発展していくことにつながります。下手な策略は似合いません。失敗を恐れず、まっすぐに正道をゆくのがぴったりです。

潜在的運勢

明朗、温厚。
人情が厚い。

愛情運

早熟です。もともと発想力が豊かで、さまざまな演出を考えます。交友関係は広く浅く。気遣い、尽し、間もなく親密な関係へ。ただ、本心を見抜けずに、傷ついた時には、回復までに長い時間を必要とします。女性は、性差を存分に活用し、人を惹きつけます。男女共に、捨て身になることもありますが、ひとたび家庭を持つと良き家庭人。対人面は概ね良好、夫婦縁も悪くありません。

仕事運

本来持っている「人の役に立つ」部分が人望を集めます。そして、いつしか培った人脈が思いもしなかったパワーを発揮することになります。露骨な競争心よりも、平静な態度でナンバー2に徹すると運が開け、トップまで上り詰めることができます。常に目標を持つことがポイント。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP