東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 庚申(コウシン・かのえさる)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

弱きを助け強きをくじく親分肌。優しい心根で周囲を気遣います。また、何か事をする際には、人の輪がどれほど大切かも知っています。ただ、本来は独立独歩。勝ち気で、競いあったら遅れをとることは絶対にしたくない。現実的に物事を考え、計算高さもそこそこ。態度や表現は等身大で、思いついたことも躊躇なくズバズバと口にします。何も飾らずに発せられる言葉は合理的ですが、少々単純で読みの浅さが見えます。見識を感じさせることばを適宜適切に使うことができたら…。たとえ一言でも、大切に用いれば、堅苦しい雰囲気が和み、言う方も、言われた方も、幸福感が喚起されます。情緒的な感情は曖昧ですが、人生の味わいの深さでもあります。

潜在的運勢

沈着でやや陰気だが、反面激しやすい。

愛情運

精一杯の気遣いをしているのに、もう一つうまくいかない…。相手の出方次第です。声をかけてくれた人と交際する傾向があります。情緒的な感情は疎く、冷淡すぎるほどに、自分のモットーとするところに忠実です。結婚後は、女性は、我の強さから、夫を凌ぐ才能を発揮する可能性があります。家庭内でも主導権をとり教育熱心です。男性は、いつまでも自分の世界を持ち続けたいと思っています。

仕事運

弱みを見せられない弱さがあります。自分の才能が発揮されないからと不満を抱えていては、歩むべき道を見失います。芸術や技能で独自の道を開く可能性があるのですから、心に余裕を持って。変わって行くことは大変ですが新たな能力を取り込み、適応しながら利益を得ることです。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP