東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己卯(キボウ・つちのとう)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

明るく素直。反面、律儀でお天気屋。あっという間に怒っていて、「何で?」と周囲は考えてしまいます。慎重と臆病と計算高さがないまぜになって、先々までを思案するからかもしれません。それだけに、優しさよりも堅苦しさのイメージが強く、敵、味方がはっきり。ただ、意外にも世渡り上手で、金銭感覚はしっかり。物事の割り切りもできます。希望は大きく、それに向かってチャレンジする度胸もあります。弱音を吐かず、なんとしてもやり通す根性もあります。よいところがもっと周囲に伝われば、正体不明と思われかねないイメージも払拭され、「どんなにかいいのに」と思います。感覚的に優れたものを持っているのですから、何でも受け入れる気持ちでゆとりを持てば、成功を得られます。

潜在的運勢

神経質、冷静。
知識欲おう盛、学芸に秀でる。

愛情運

相手を理解するまで時間はかかりますが、ゆっくりと一直線に愛を育みます。「華麗なる恋愛遍歴」など本来は性に合いません。また、お金にルーズな人とはうまくいきません。結婚後、男性は、自分中心で家庭を動かしたい亭主関白型。女性は、家庭的ですが、それだけでは寂しいと感じることもあり、生き甲斐を見つけ老後を楽しみましょう。男女共に、共働きでも家庭に支障を来さないタフさがあります。

仕事運

感受性が鋭く、理屈よりも行動。ただ、感情に駆られての行動は、前後の脈絡がなく唐突になりがち。特に、怒りは思慮を奪い、後悔をもって終わることが往々にしてあります。視野を広め、客観的思考が持てるように心がけましょう。心の余裕が成功を確実なものにします。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP