東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己酉(キユウ・つちのととり)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

情感が豊かで、年齢に関係なく若々しい。緊張しやすいほうですが、持ち前の人懐っこさで、たちまち周囲の人を惹きつけ、心をリラックスさせます。また、人の面倒を見ることを苦にしません。身内はもちろん、周囲の人たちのこともです。負けず嫌いで、やや背伸びをすることもありますが、希望を持ち、自分を磨いていく向上心があります。
ただ、少々目先にとらわれやすいようです。問題は、現在をどう理解しているかです。未来の自分をさまざまにイマジネーションし、それに対して、現在の自分はどうなのか、ということ。自分の姿を十分に理解し、先を見通しつつ、今どうするかを繰り返す。継続的に。布石を打つといった戦略が立てられたら成功を得るチャンスが増すはずです。

潜在的運勢

軽はずみで失敗しやすい。
熱しやすく冷めやすい。

愛情運

愛嬌があり、言い寄ってくる異性には事欠きません。ただ、ふられた時の格好悪さを考え、気やすく踏み切れないこともあります。ドライな付き合いを好み、自分にとってメリットのない人は相手にしません。女性は世話好きなので、結婚後は家庭に入ると典型的な良妻賢母。男性は、家庭を豊かにするため、仕事に積極的に取り組みます。

仕事運

ソロバンを離れて経済なしで、数字を並べて説得するのが得意です。趣味・教養よりも実利的な価値を追うほうです。常に目標を持ち、自分の持ち場を徹底的に勉強して、プロになること。これは日々仕事に励むためのポイント。いきなりトップよりも、ナンバー2に徹すると運が開け登りつめることができます。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP