東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 己未(キビ・つちのとひつじ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

どこか素朴で、安心感があります。かといって弱々しいわけではありません。豊かな情緒性と包容力、ファイトもあります。変化に胸をときめかせ、新しい物好きで、なにより動いていることが好き。やや主観重視で偏屈さはありますが、力関係に左右されず、筋道を通してものを考えますから、信望もあります。もともとハニカミ屋ですが、テキパキとして、心に残るおかしみを演出したりもします。ユーモアは、利害を超越した誠実さの中にいて、下品さを必要としないものです。実に健康的なものです。困難に陥ったときにも、どこからか救援の手が差し出される天分がありますから、苦しさを気にせず明るく潔く。明るい笑いは貴重な心のくすり。現代を生き抜くための精神的な道具でもあります。

潜在的運勢

温和で、自制心に富む。
猜疑心が強く、苦労性。

愛情運

短時間で親密な関係にまで進んでいってしまう可能性があります。ところが、相手の正体が見えて、合わないと知るとあっさりと手を引きます。特に女性は、勝ち気なので優しい相手を選ぶとよいのですが、同じような相手を選ぶ傾向が…。男女共に結婚後は、お互いにあまり干渉されたくないという思いがあります。よこしまな心を起こして家庭を不安定にすることのないようにしましょう。

仕事運

社会の動きに敏感で、芸術的な感覚や色彩のセンスに優れたものがあります。人に対しては、愛想がいいだけでなく、「やらねばならぬ」の強い信念があるので人道的な仕事もこなします。ただ、人前で辱めを受けると心のバランスを崩しがち。メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さを持つことがポイント。

職種

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP