東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 辛丑(シンチュウ・かのとうし)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

温厚で人当たりがよく、礼儀正しい。それでいて、おかしみもあって、人を惹きつけます。内面は、見かけとはまるで逆。義理人情に厚く、度胸があります。怖じ気づくことはありません。のんびり構えて、周囲を観察する冷静さも。ただ、思い込みの強さから、感情のテンションは高め。激したり、拗ねたりと、心の揺れ動きが敏感で、その日その日で雰囲気も変わります。表情も多様ですが、幸せを呼び込むのは明るさです。機知を働かせ、明るさを天性として会話に活かせる人は、それほど多くはないのです。共感し、理解し、良好な関係を保ちながら、自分を広げ、成長していけたなら、きっとプラスに作用します。落ち込むことがあっても、このことを忘れずにいれば、人生の転機にとどまらず、必ずそれ以上のラッキー・チャンスが舞い込んできます。

潜在的運勢

温和で、自制心に富む。
猜疑心が強く、苦労性。

愛情運

女性は「情熱」がぴったり。思いを貫き、とまどいを与えることも。男性は、男気が強すぎで、勇み足となることも。社交性はいまいち。男女共に、実家との縁は薄く、幼少期から自立心が強いか、早くに親元を離れ自立することがあります。本来は地味で堅実。貯蓄心もあり、一度家庭に収まると上手に切り盛りしていきます。ただ、外に向かって羽ばたくことも忘れません。

仕事運

容易に妥協しません。自説を曲げることを潔しとしないようです。また、自分の知らない流れには不安が先に立ち、変革が激しいとその波に上手に乗れないことも。内にこもらず、のびのびと大らかな気持ちでいるように心がけることです。学問や芸術、趣味的なものを深く極めていくと、その分野のエキスパートになっていく可能性があります。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP