東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 辛亥(シンガイ・かのとい)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

陽気な雰囲気、気さくさ、ユーモアと生まれついての情熱家。人情の機微に通じ、対人関係の勘所を押さえ、さまざまな配慮をします。実に頼もしい。ただ、根は臆病なせいか、勝ち気さも少なからず。時折、強い発言で押しの強さを見せますが、度量の小ささは視野を狭くします。恵まれた環境にあるのですから、必要のない反発で発展の芽を摘まないように。ただ、勘の良さは抜群。目的のためにはすべてを犠牲にできる意志をもっているからこその本能。理屈ではありません。直感のひらめきは、長い間、思考し、準備し、苦心した者に与えられたもの。山勘のように裏付けのないものとは違います。だからこそ、その判断には、力強さも説得力も備えているのです。勘の良さはなにごとにおいても必須条件の一つです。ひらめきの感覚を大切に。

潜在的運勢

物静かで、楽天的。風雅を好む。
人情は厚いが、嫉妬心も強い。

愛情運

恋愛の情趣をよく解しますが、交際中の相手をなぜか冷めた視線で眺めてしまう。論理的に相手の痛いところを衝いて傷付けたり、なんとなく気移りの予感も。実利的ですから、結婚後も家庭を中心にするのではなく、お互い自由でフレキシブルな生活を好みます。ただ、家庭生活に迷いが出るとすべてが不安定になりますので要注意です。

仕事運

抜群の政治力と個性。物事を理論的に分析し、作戦を立てるのが得意。良いと思ったことはどんどん取り入れます。決断も早く、答えはイエスかノーか。中途半端は嫌いです。ただ、独創性や分析力を最大限生かすには、落ち着いて取り組むことがポイント。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

空亡(落とし穴)

寅卯

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP