東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 壬午(ジンゴ・みずのえうま)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

誠実で几帳面、そして、陽気。独自の信念と人生観があり、自分流を押し通します。それで取っ付きの悪さを感じさせたとしても、そこに悪意はありません。むしろ情にもろく、頼まれれば一生懸命。しかし、誰かに甘えることはないのです。平凡よりは独特を選択する性分ゆえか、たとえ前人未踏であっても、内に弱気を秘めていても、本心を明かさず、他者と自分を割り切ります。ただ、お酒や異性に逃げ場を求め、それしかなくなると転落です。誰の行路も平坦ではないけれど、自分の腕次第、遣り方次第。キチンとすることで、混沌から抜け出し、新天地に向かう機運があります。ピュアな感覚、豊富なアイディア、財運に恵まれた天分となれば、やけ酒よりも趣味やスポーツ等でストレスを発散し、あとは勇気と根気。人生は一度きり。歩むに値するものです。

潜在的運勢

神経質、冷静。
知識欲おう盛、学芸に秀でる。

愛情運

身近な人と健康的なお付き合いが第一条件。駆け落ちなどは性に合わず、プライベートを干渉されるのは嫌い。というか、余計なことを意識の中に入れたくないというのが本音。精神面の脆さが気がかりですが、問題を環境のせいにしないこと。父親との縁は薄く、離れて暮らすこともあるようです。結婚後は、男女共に堅実な家庭作りをします。

仕事運

理論だけでは机上の空論。考えることは実り多い行為ですが、決断し行動する勇気が業績を築きます。喜びはそこにあります。激しい言動や風変わりな点が人気となったとしても、節度を欠いては不快感を与えマイナス。できるだけ相手を理解し、現状に満足するように努めること。健康的で品格のあるユーモアが幸運を呼び込むことを忘れずに。明るさがポイント。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

電気(発電、機具、工事)、ガス、ボイラー暖房、冶金、化学関係。
法律、文学(文学・出版・言論・語学)、新聞・雑誌・マスコミ関係。
演劇、俳優。
美容。
絵画、楽器、衣服、デザイナー、図案、装飾、意匠、美術、工芸、玩具、骨董関係。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP