東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 壬辰(ジンシン・みずのえたつ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

普段は、物静かで謙虚。目立つようなことはしません。ベタベタと馴れ合いの付き合いはしないものの、他者を尊重し、心を通わせ、長い時間を共有します。一旦、何かを始めると想像できないほどのタフさ。人任せにせず、スケジュールを立て、目標に向けて着実に到達していきます。情にほだされることはなく、相手の折れのるをジッと待つ忍耐強さもあります。並々ならぬ精神力と権力欲ですが、なによりも無限の可能性をはらんだ未来があります。ただ、今を無為に過ごしていては、未来は何も答えてはくれません。未来に挑戦するためには、希望を抱き、今、現在、挑戦を開始しなければならないのです。その努力に応じて未来は大きな成果をもたらします。人の役に立つという信念を忘れず、優れた素質を生かしましょう。

潜在的運勢

争いを好まない。
質素、物質・金銭運が良い。

愛情運

直感。気が合えば、物事は急速に進展しますが、自分のペースで進行させるのが好き。ただ、安請け合いをして、これが後々落とし穴になることも。中年以降に開運する暗示を持ちますから、運気の変動に惑わされないように、堅実さを心がけましょう。女性は、盛んな色香でムードもありますが、引け目を見せない気の強さですから、色香よりも才気のほうが家庭は栄えます。

仕事運

プロフェッショナルに徹することです。自由な心で自分の特色を押し出し、その分野に関しては誰にも負けないくらいの努力を続けましょう。一見するとマイナス要素の「孤独」も道を究めるためにはなくてはならない要素となりなります。なにしろ特殊で強烈なものを生まれながらに持っているので、付和雷同では道は開けません。スキャンダルは御法度。事実を偽り、自分を誤魔化し、不実に過ごしていると、我が身に返ってきます。自らを絶望の淵に追いやることのないように注意して大いに羽ばたきましょう。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

午未

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP