東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸酉(キユウ・みずのととり)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

穏やかで物静か。傍にいると心が澄んでくるようです。しかし、心の際には猛烈なファイトがあり、粘り強く、時に大胆。負けたくないから、言うべき時は、はっきり言う。愛嬌があるから、周囲の意見は・・・聞いている振りはします。正直というよりは嘘をつけない。ありのままなのですが、議論のうえで意地になり、果ては口論となって、心が閉ざされてはなんの価値も生みません。議論の時には、先ず自分の考えを十分に伝える。次に相手の考えにも十分に耳を傾ける。そして、相手の意見がより道理にかなっていることがわかったら、素直に受け入れる。くれぐれも、議論に勝って人間性で負ける愚を犯す結果は避けること。他者の協力を得れば、能力を何倍にもできる可能性を秘めているのです。積極的に人間関係を築き、信頼に足る人をより多くつくっていくことです。人生を大きく変えていくでしょう。

潜在的運勢

自尊心が強く、自信家。実行力がある。
意志が強く、中年以後に開運する。

愛情運

本来、淡泊で飾りけなしなので、濃密さは好まず、ドロドロした人間関係にもついていけません。ただ、うわべを飾らない男性も、時に意表をつく女性も、考え方はわりと保守的なせいかプライドを重んじる心は強く、他者のプライドが傷つけられても、自分のことのように心が痛みます。男女ともに、結婚し、家庭を持つとよき家庭人。明るく世話好き、生活力も旺盛ですから実に頼りになります。

仕事運

たぎるような野心を内に秘め、分かりやすく説得力のあるプレゼンテーションをしていきます。分析力に長けて理数系のように思えますが、芸術的な才能に恵まれています。これは趣味の域を超えるほどのものです。ただ、些細なことを気にして、疑心暗鬼になったりする点は要注意。感情に左右されて当たり散らすことのないように、視野を広め、客観的思考を持てたなら、成功は確実なものとなります。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP