東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸未(キビ・みずのとひつじ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

物静かで博識。意味のない悪ふざけや大騒ぎはしたくないのが本音。人の意見に耳を傾け、間合いを計り、一を聞くと十がわかる機転、それを実行に移す俊敏さ。消極的に見えますが、情熱をかきたて、気を張り、いつも努力を重ねています。ただ、思慮深さから、不安が先立ち、発言を変えたり、自説に固執したりと、気ままで意地っ張りにも見えますが、人情厚く、ユーモアもあり、人なつっこい。本当は、周囲と調和していくのが下手なのです。対人関係で大切なのが会話。一に偽らない。二に理性に裏付けられた良識を備える。三に機嫌良く話す。四に臨機応変に機知を働かせる。こうした要素を天性として会話に生かせる人は、それほど多くはいません。大きな夢と希望を持っているからこそ、それを叶えるためにも、共感し合い、理解しあい、柔軟な心で成長してけば、思わぬ成功を得るはずです。

潜在的運勢

争いを好まない。
質素、物質・金銭運が良い。

愛情運

情で生きるだけに、慈愛に満ちた人がベスト。女性は、人当たりの良い雰囲気と勝ち気さで頼られることもしばしば。男性は、人を見抜く力は優れていますが、心に不安を抱えているせいか気難しく、時々緊張感を与えてしまうことも。男女ともに結婚前も結婚後も、家に閉じこもることはできません。なかなか如才ない交友関係です。ただ、愛欲の面で失敗しやすい傾向があり、特に男性は結婚後のスキャンダルに注意が必要です。

仕事運

際だった創造力があり、多角的視点からの企画力は優れたものがあります。ひとりは苦手ですが、内心は決して弱くはないのですから、決断力を磨くことです。元々人を利用する巧みさはあるものの、相手の不利益や害になるようなことはしない人の良さです。人望も人気も得られないはずがありません。自由に自分の特色を押し出し、ざっくばらんな会話ができるようになれば、可能性は大きく広がります。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

申酉

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP