東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 癸卯(キボウ・みずのとう)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

おっとり見えて緻密。博識で几帳面。過去にこだわりません。それよりも、将来が最善となるよう、できる限りの行動を心がけます。予測に時間を要しますが、目的が定まると一気。人に手をさしのべる時でさえ、感情に流されることなく、合理的にキビキビと対応していきます。ただ、依頼心がないせいか、人に任せきれない点もあります。できているか不安になり、「自分でやった方が良かった」という思いがついつい顔に出てしまう。人の話題、努力を横取りしていては、信頼は築けるものではありません。一人ひとりが、能力と個性に応じた地位と役割をもち、それらを生かせることに働きがいを感じつつ、協力し合う。成功の鍵はチームワーク。信頼です。相互信頼のもとに、一致協力して打ち込めれば、活性化された強力な組織ができあがり、物心両面で満足が得られることは間違いありません。

潜在的運勢

物事を恐れない。同情心に富む。
永続性に欠ける面がある。

愛情運

世話好きですが、広く浅く、ドライな付き合いの方がしっくりとするようです。陽気なものの取っ付きの悪さがあり、知り合ってから心を許す関係に至るまでに時間がかかります。しかし、心に決めてしまうと逆境をものともしません。男女ともに、対人面は良好、夫婦縁も悪くありません。ただ、男性は気遣いが少々細かすぎ。敬遠されかねないほどの細かさ。ご注意を。

仕事運

ライバル意識が強く、競争を意識すると俄然やる気になってグングン成果を出します。ただ、環境が落ち着くと急におっとり。受け身の状態には弱いので、棚ぼたを待っていては成功はありません。希望を大きく、全力でチャレンジすることがポイント。いきなりトップに立つよりもナンバー2に徹すると力が発揮され、運が開けるという要素があります。父祖の仕事を継ぐことが多いようです。道が違った場合でも、父祖、または親の仕事ぶりを心に留め置くとよいでしょう。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP