東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙未(イツビ・きのとひつじ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

とても円満な人格者です。自分が傷つくのも相手が痛手を受けるのも嫌いです。人と調和し、よい気分で事を運んでいくのがベスト。風貌も温和でおっとりしているせいか、のんびりしているように見られます。ところが実際はせっかち。正義感も強く、理不尽なことは黙って見過ごせません。他者のためにすることをいとわず、どんなことにも取り組んでいく熱意もあります。見た目と性分のギャップをきちん理解してもらえるように周囲とコミュニケーションを図ることです。理解者が増えると発展への足がかりも広がります。また、どんなことも「まあいいか」と諦めず、やり通すこと。精神面を充実し、一つ事をやり通す執念と冷静な判断力を身につければ、数倍大きな人格に育っていくはず。

潜在的運勢

先見の明があり、活動的。社交性に富む。
表面は温和で内面は頑固。

愛情運

照れ屋で本心をなかなか見せず、壁を作っているように誤解されることがあります。交際範囲はそれほど広くはないものの打算がなく、心底愛情を捧げます。想像豊かな一面も…。生家との縁は薄く、幼少期から自立心が強いか、年若いうちから自立することがあります。結婚後は家を守りながら、家族のために仕事をガンガン進めるタイプ。スキャンダルにはご注意を。

仕事運

秩序を求めます。意志は強く、容易に妥協しません。自説を曲げることを潔しとしないようです。また、自分の知らない流れには不安が先に立ち、変革が激しいとその波に上手に乗れないことも。内にこもらず、のびのびと大らかな気持ちでいるように心がけることです。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

辰巳

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP