東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 乙卯(イツボウ・きのとう)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

明朗、堅実、率直。とても純粋な努力家です。神経はピリピリと緊張していますが、それは表面に出ません。飾り気のない淡々とした話しぶりが特徴的です。人前では相手の言い分を聞いてはいます。ところが内心では、その意見を採用せずに自分の考え方に固執しています。そして、論理的に崩せそうな所が見つかると、ためらうことなく押しまくっていきます。積極果敢な話しぶりは、自分が言い負かされる屈辱に耐えられないための先手かもしれません。情緒的な甘えや深みは乏しいようです。ただ、直感力は優れています。自信をつけることで運を開いていくタイプですから、自分を信じ、目的を達成せんと挑戦を続けることです。失敗したら、失敗をマネジメントしつつ、試行錯誤を繰り返し夢を叶えましょう。

潜在的運勢

神経質、冷静。
知識欲おう盛、学芸に秀でる。

愛情運

心の奥深くには情熱の炎が燃えています。この炎が解き放たれると、思いもかけない積極性を見せます。相手任せにしないで、何事も自ら進んで行います。親との縁は薄く、幼少期から自立心が強いか、年若くに自立することもあります。結婚運は良好ですが、自尊心の高さとあいまって、人から指図されるのを嫌います。特に女性は運を切り開いていく天分があるだけに我の強さが目立ちます。夫を凌ぐ才覚を発揮する可能性大です。

仕事運

弱みを見せられない弱さがあります。一種の職人気質。独自の道を開く可能性があるのですから、大船に乗った気持ちで心に余裕を持つことは能力を存分に発揮するためのポイント。変わって行くことは大変ですが新たな能力を取り込み、適応しながら利益を得ることです。

職種

木材、林業、木工、紙パルプ、建具、繊維、製糸関係。
医師、薬剤師、保健衛生、理学療法士、作業療法士、精神福祉士、看護士などの医療関係。
教授、教師などの教育関係。
葬祭、宗教学者・僧侶などの宗教関係。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP