東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 辛未(シンビ・かのとひつじ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

不相応な野心はなく、他に類のないほど良い人。満点を差し上げたいくらいです。派手さはなく、見栄えはぱっとしませんが、堅実さがあります。じっくりと観察し、十分に計画を練り上げて行動を起こします。勝算があって腰を上げるのですが、上げたからには、途中にどんな難関があっても、乗り越えます。だからこそ、着々と成果を上げていけるのでしょう。ただ、熟考しすぎて取り越し苦労をしたり、一途になりすぎて視野を狭くしたりと、うっかりすると地味さや頑固さのイメージだけになりかねません。できるだけ交際範囲を広くし、趣味、教養の間口も大きくして自分の度量を広げていくことです。意見を交換し、理解し合い、柔軟な考え方を態度で示せば、大きなプラスになっていきます。恵まれた金運は、人脈を固めることでさらに確実なものとなります。

潜在的運勢

争いを好まない。
自負心がなく、万事控えめ。

愛情運

独占欲の強い内面はいっさい見せずに、自分の個性を有効に使います。気が合うことが第一。自分にとってメリットのある相手ならば、なおOK。結婚にこだわらず、同棲生活でもかまわないという思いもあり、見合い結婚は不向きのようです。男女共に結婚後は、よく尽くし、財産を守ります。ただ、家事はあまり得意ではありません。また、疑いやすい点は注意が必要です。

仕事運

意外に頑固で用心深い。初めて会った人、知らない話は信用できません。やや面白味に欠ける面を見せつつ、自分の都合の好いように考え、自分の能力に自信を持っているところがおもしろさを感じさせます。多角的に物事を考えることが発展のポイント。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

戌亥

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP