東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 辛酉(シンユウ・かのととり)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

温厚で頭もよく、いたって純粋。謙虚に見えて、実際は謹厳実直。決めた道は間違いなく進みます。私心を捨て尽力しますが、自分は援助を求めません。なんとか自力で四苦八苦の勝ち気さ。人生平坦でない時も、勢いで乗り越えようとします。そして、思うような結論が得られないとすねたりもします。ただ、情に流されず判断する客観性は大したもの。決断する時は、不確実な情報のもと、時間の許す限リ考え抜き、リスクを一人で負うのですが、大事なのは後処理。結果が悪くても思い悩まない。すぐに別の手を打つ。決断、実施、全力投球、結果の反省。これを繰り返して、頼れる自分を育みます。闇雲に船出するような暴挙は、敗北感を残すだけ。その後の言い訳は嘘より恐い。柔軟な思考を養い、読みを深くすると人生が開けてくるでしょう。

潜在的運勢

物事を恐れない。同情心に富む。
永続性に欠ける面がある。

愛情運

なんとはなしに色気を感じさせ、年齢不詳の若々しさ。自分からのアプローチは苦手なものの、世話好きなせいか、同情心につけ込まれると弱い。まんまとそそのかされてしまうことがあります。親との縁は薄く、幼少期から自立心が強いか、早くから自立することがあります。女性は、家庭と仕事の両立ができます。夫を凌ぐ才覚を発揮する可能性あり。男性は、融通がききません。結婚後も仕事一筋の傾向が…。

仕事運

地道に基礎を固めて人生を切り開く堅実派。差別されたり、弱点をつかれると、とたんに腰が引けるというように、自分の弱みを見せられない弱さがあります。自分の才能が発揮されないからと不満を抱えていては、歩むべき道を見失います。実力はあるのです。落ち込まず、もっと大船に乗った気持ちでいることです。芸術的感性は鋭い。

職種

金属、機械、貴金属、金物、鉱業、金融業、冶金。
経済、経理、公務員、銀行、有価証券関係、質屋。
自衛隊、警察、スポーツ全般、刀剣、勝負師。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP