東洋占星術 四柱推命
十干が表わす才能のエネルギー、十二支が持つ特質から、
自分を知り、他者を知り、巡り合わせを知る。

六十干支 壬戌(ジンジュツ・みずのえいぬ)

干支という文字は、「干」は幹から、「支」枝から出た語です。十干も十二支も元々は別々に使われていたのです。
それが中国の殷(一説には漢時代)の時代頃から、組み合わせ、その最小公倍数である60周期で数えるために用いられました。六十干支は日よりも年に使われることを重要視されてきました。日本の歴史をみてもそうです。明治維新の戦乱は「戊辰(ボシン)戦争(1868)」というように干支は使われてきたのです。
年に使われ、六十干支が1巡すると元に還って「還暦」といわれる所以です。
第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。

第一印象と性格

礼儀は重んじ、考え方は革新的。理論家ではないので、無益な議論を続けることはありません。不必要な推論は取り去り、事実に基づくことに的を絞って結論づけていきます。額に汗し、体を動かして得られることこそが、信用に値するという行動派。感受性は鋭く、社会の動きに敏感で、基本的には「かっこいい」と思われたい。尽くすことをいとわず、見た目は穏健ですが、信念を貫く意志力、駆け引きの上手さは大したもの。しかし、人生はさまざまな人たちの力添えのうえに成り立つもので、いくら頭が切れ、能力があったとしても、ひとりの力は限られています。恩恵を忘れず、感謝の心を外にあらわすことが習慣になれば、必ずや志を遂げ、成長していくこととなるでしょう。趣味を通して精神面を固めていくと、将来、きっと役立ちます。

潜在的運勢

先見の明があり、活動的。社交性に富む。
表面は温和で内面は頑固。

愛情運

ひらめきを頼りに、第一印象で大半が決まることが多く、自分の中に物語を作り、夢から覚めると白けて思い出したくもないということもなくはない。女性は、結婚後も活動的ですから、外へ出ていく回数は減らないものの、我が強く見えて良妻賢母。家族に尽くします。男性は、良き家庭人ですが、よこしまな心は人生を不安定にします。

仕事運

社会の動きに敏感で、実社会に根ざした仕事に打ち込んでいきたいと思っています。人に対しては、愛想がいいだけでなく、「やらねばならぬ」の強い信念があるので人道的な仕事もこなします。ただ、人前で辱めを受けると心のバランスを崩しがち。メンツにこだわらず、人の意見に耳を傾ける心の広さを持つことがポイント。芸術的な感覚や色彩のセンスに優れたものがあります。

職種

水産、漁業、船員、漁具関係。
酒、醤油、飲料水。
冷房、浴場、水泳、プール、スケート。
水商売(料理屋、飲食店、バー、キャバレー、接客業、サービス、旅館、興業)、自由業。
研究、調査、分析など。


農業、林業、園芸。
鉱業、窯業、建築業(大工、左官)。
運輸、倉庫、宗教全般。

空亡(落とし穴)

子丑

パーソナリティ占い & 同干支の有名人

十干占いは、基本の性格、シンボルカラーを占います。
十二支占いは、十干の幹から枝葉となる個性を占います。
六十干支占いは、十干と十二支から第一印象と性格、潜在な意識と素養、愛情、仕事、空亡を占います。
同干支の有名人は運のめぐりが同じ仲間です。時に目標に、時に励みに。見過ごしてきた“自分”に気付くかもしれません。

↑ PAGE TOP